本屋マップ 本屋の登録件数4,581件 近くの本屋
駅周辺の本屋をさがす

大塚駅周辺の大きい本屋(東京都)

大塚駅の近くには「旭屋書店 アトレヴィ大塚店」や「BOOKOFF 大塚駅前店」などの大きい本屋があります。

このページをご覧いただくと、大塚駅の近くにある大きい本屋の場所や営業時間、各本屋の大塚駅からの距離が分かります。

大塚駅の近くの大きい本屋の場所

大塚駅を地図の中心に配置し、近くにある大きい本屋を新刊書店と古本屋でピンを色分けして表示しています。
掲載されている本屋が閉店しているなど、情報に誤りがある場合、お問い合わせフォームからご連絡ください。

新刊書店
古本屋

大塚駅周辺の大きい本屋の営業時間や駅からの距離

大塚駅周辺にあるチェーン店の大きい本屋を、大塚駅に近い順に10店舗表示しています。

  1. 旭屋書店 アトレヴィ大塚店
    住所:東京都豊島区南大塚3丁目33-1JR大塚南口ビルアトレヴィ大塚4階
    営業時間:10時から21時
    定休日:定休日なし
    距離:20メートル
  2. BOOKOFF 大塚駅前店
    住所:東京都豊島区南大塚1-51-11
    電話番号:03-5976-5211
    営業時間:10時から23時
    距離:192メートル
  3. ヴィレッジヴァンガード 池袋サンシャインシティアルタ店
    住所:東京都豊島区東池袋3丁目1-3
    電話番号:03-5956-5861
    距離:855メートル
  4. くまざわ書店サンシャインシティアルパ店
    住所:東京都豊島区東池袋3-1-2サンシャインシティアルパ2階
    営業時間:10時から20時
    定休日:不定休
    距離:942メートル
  5. BOOKEXPRESSアトレヴィ巣鴨店
    住所:東京都豊島区巣鴨1-16-8アトレヴィ巣鴨4階
    営業時間:10時から22時
    定休日:定休日なし
    距離:999メートル
  6. BOOKOFF 池袋サンシャイン60通り店
    住所:東京都豊島区東池袋1-22-10 ヒューマックスパビリオン
    電話番号:03-5953-2325
    営業時間:10時から23時
    距離:1,172メートル
  7. ジュンク堂書店 池袋本店
    住所:豊島区南池袋2-15-5
    電話番号:03-5956-6111
    FAX番号:03-5956-6100
    営業時間:10時から22時
    距離:1,548メートル
  8. くまざわ書店エミオ池袋店
    住所:東京都豊島区南池袋1-28-1エミオ池袋B1
    営業時間:7時から23時
    定休日:不定休
    距離:1,553メートル
  9. 三省堂書店池袋本店
    住所:東京都豊島区南池袋1-28-1西武池袋本店書籍館・別館
    営業時間:10時から22時
    定休日:定休日なし
    距離:1,553メートル
  10. 旭屋書店 池袋店
    住所:豊島区西池袋1-1-25
    電話番号:03-3986-0311
    FAX番号:03-3985-1493
    営業時間:10時から20時
    定休日:不定休
    距離:1,631メートル

もっと見る

大塚駅周辺の本屋事情・クチコミ

20歳女性20歳女性
本屋が2軒しかありません。他にはブックオフがあるだけです。2軒の本屋もそこまで大きな店舗ではないので、ややマイナーな本だと発売日に入手することができず、取り寄せるのが少し面倒です。

大塚駅に停まる路線

本屋に関する記事

東京都内の大きい本屋ランキング

ジュンク堂 池袋本店

東京都内の本屋を売場面積の広い順に上位10位までランキングしました。

1位はジュンク堂 池袋本店、2位は八重洲ブックセンター 本店、3位は丸善 丸の内本店とターミナル駅の周辺にある大型書店の本店が名前を連ねます。

「東京都内の大きい本屋ランキング」を読む

本屋で手早く話題の本を見つけられる本屋大賞とマンガ大賞

賞状

本屋大賞やマンガ大賞など、小説やマンガの賞の受賞作品を探すと、本屋で手っ取り早く話題の本を見つけられます。

「本屋で手早く話題の本を見つけられる本屋大賞とマンガ大賞」を読む

待ち合わせの時間つぶしだけじゃもったいない!上手な本屋のまわり方とは

本屋で面陳や平積みされている書籍

本屋で待ち合わせの時間をつぶす場合、まず新刊コーナーをチェックして今のトレンドや話題の書籍を知ると、待ち時間が苦になりません。

書籍の表紙が見えるように面陳されている本や、書棚の手前に平積みされている本、書店員のオススメ書籍についているPOPに注目すると、効率よく素敵な一冊と出会えます。

「待ち合わせの時間つぶしだけじゃもったいない!上手な本屋のまわり方とは」を読む

入場料がかかる本屋とは

千円札

2018年12月11日に青山ブックセンター六本木店の跡地にオープンした「文喫 BUNKITSU」は、平日は1,500円(税別)、土曜・日曜・祝日は1,800円(税別)、入場料がかかります。

無料で入場できる本屋がいくらでもあるのに、わざわざ入場料を払って行きたい人が途絶えない理由に迫ります。

「入場料がかかる本屋とは」を読む

泊まれる本屋とは

本棚

「BOOK AND BED TOKYO」は、泊まれる本屋がコンセプト。

本を読みながら本棚で眠れる、本好きの楽園です。

トイレやシャワールームが共用など、カプセルホテルと同等の設備なので、低価格で宿泊できることも魅力のひとつになっています。

「泊まれる本屋とは」を読む

本屋マップとは

本屋マップは、日本全国にある4,581店舗の新書店・古本屋の情報を収録した地図サイトです。

2021年1月20日時点で、各書店チェーンや各書店組合が公開する最新データを用いて作成しています。

本屋マップの各ページヘのリンクはご自由に設定いただいて問題ありませんが、地図で使用している各種データへの直接アクセスはご遠慮ください。